カテゴリー
未分類

面接コボットで転職人材採用までのコストを大幅にカット!

面接コボットをずっと使わないで、採用担当者の手を煩わせ続けるのは、実のところ人材のムダ遣いかもと悩んでいませんでしたか?

もちろん本当に採用するときは、経営トップがされるとは思いますけど、まずは幅広く応募が合った中で取りまとめる人が必要になりますから、採用担当者は要ります。

ただし、取りまとめばかりではなくて他の業務もしなくてはいけませんからね。

当然かもしれませんが採用だけしていても、給料を会社が支払わないといけませんから、本人にしかできない業務に本来であれば集中してもらいたいと思いますよね。

転職活動中の人を採用したいときに面接コボットは効果を発揮します!

最近ではコロナ禍の影響により、多くの今すぐ採用したくなるような優秀な人材が、転職市場に雪崩のように集まっていることに、すでに気づかれているかもしれません。

ただし、あまりにも人数が多すぎて転職応募者が募集を掛けただけで、100人以上も集まるケースだって今では普通にあり得ますよね。

5人程度ならまだ電話やメールでどうにかなりますけど、100人も応募が来ればどこかで早々と打ち切るか、または会社内の社員でドタバタしながら面接までのスケジュールを決めていかないと、転職応募者にも失礼ですからね。

もちろんリスケジュールが発生し、また面接日を変えるなんてしていたら、応募者の辞退だって出てきます。

まだ何にも情報を知らない応募者が、実はかなり優秀な人材だったのかもとあとで気づいてもガッカリするしかありません。

ここまでの経費を年換算して500万円程度かかるとすれば、優秀な社員を1人雇えるほどの予算がかかっていることになります。

もちろん時間だってバカにできません。

・応募者とのメールや電話のやりとり(40分)

・調節後の業務へ戻るまでの時間(20分)

などを考えると年間140時間以上もかかっているかもしれませんよ。

面接コボットを使えばすべてが一新していきます!

まず年間500万円もかかっていた採用までの人件費が100万円で済む可能性があります。

アルバイト1人分にも満たない年間予算に抑え込めるのは凄いことですよね?

また、

採用するまでにかかっていた応募者とのメールや電話のやりとり(40分)

・調節後の業務へ戻るまでの時間(20分)

があわせて5分に短縮!

なぜなら採用業務工数が5分の1になるためです。

転職応募者はどのような動きで面接までいくのか?

応募者がチャットにアクセスすることで、スケジュールを調整していきます。

もうメール・電話で何度もやりとりする手間は要りません。
今ではメールなんて、メール受信BOXを開けばどこから知ったのかわからないような業者からも次々に来ているため、貴社の大切なメールを探してもらえなかったり、電話ならいいのかと思えばちょうど仕事中や移動中などで連絡が着かないケースもよくありますよね。

気苦労もありつつ応募者との間で面接日時まで決めていく努力を、売上UPする仕組み作りなどの時間や掛かるコストなどを総合的に判断すれば、本来なら充てたいと思う場合もあるでしょう。

面接官のカレンダーへ自動入力される

面接日時はいつがいいのかはすべて設定できるため、応募者に選択してもらえればいいだけなので、とても簡単です。

すべての設定内容は必要な部署へと通知される

・応募者

・面接官

・人事に調整完了メールが届く!

面接日時が決まったら、当日面接会場に応募者が来てもらえる流れとなりますよ。

コボットを使うことで応募者との距離感がグッと縮まっている?

応募者からしてみれば、もはや数打ちゃ当たるレベルまでにどこの会社へも応募している場合を除けば、たいてい緊張しながら採用面接を受けたくて応募してくることでしょう。

そのときにせっかく応募してみた会社から何も連絡が来ない時間だけは続いているだけで、かなり不安になるものですよね。

なんと全体の6割が1日以内になんらかの反応が欲しいと回答しており、そのうち2割は1時間以内に回答を求めています。

だからこそまずは応募者へ反応してあげることがお互いのメリットになり得るわけです。

今まで苦労してきた採用面接までの流れを思い切り省いても、トラブルが起きることもなく次々と面接へと誘導できるようになります。

面接コボットを味方につけることで、転職活動中の優秀な人材との橋渡しとして検討されてみませんか?